m3QOL君会計事務所紹介

私どもは、お客様が『強い会社として50年、100年後も生き残って頂く』ことを願いとしております

廣岡会計事務所

医院経営の鉄則

競合が多く、市場が飽和している中にも、優良な医院が多数存在します。
その医院の共通項は何か…
物事に原理・原則があるように「原理原則に従った経営を行うこと」、「当たり前のことを当たり前に行うこと」だけです。
「当たり前のことを当たり前に行う」ために土台となるのが、医院の状況を正確に かつ タイムリーに把握することです。

良きパートナーを目指して

私どもは、お付き合いさせて頂いている全てのお客様が『強い会社として50年、100年後も生き残って頂く』ことを願いとしております。
タイムリーな状況把握ができたうえで、経営に役立つ情報収集元や相談相手になるようなパートナーの存在があってはじめて、適切な意思決定が行えるものと考えております。
複雑化・多様化する経営において、私どもが今後提供させて頂くサービスは、より幅が広く、質が高く、なおかつスピーディでなければならないと思っております。
その為に、長年積み重ねて参りましたノウハウの活用はもちろん、私どもスタッフの更なる専門性の追求、さらには組織としての総合力をより一層高めていく必要があり、日々研鑽に努めております。

経営支援サービスで院長先生のお悩みを解消します

私どもは、経営企画・管理部門の機能を強化するために経営支援サービスを展開しています。
従来の会計事務所の業務である記帳、税務申告だけなく、その先にある「経営の意思決定」をお手伝いさせていただきます。
なお、開業されて間もない医院からグループ全体で売上50億円超の医療法人まで数十件ほどお手伝い頂いております。

プロフィール

事務所名
廣岡会計事務所
フリガナ
ヒロオカ タカシゲ
担当者名
廣岡 隆成
所在地
〒670-0964 兵庫県姫路市豊沢町186
最寄駅
JR山陽本線 姫路駅から徒歩5分

事務所のあゆみ

1990年
兵庫県姫路市にて開業
2012年
経営革新等支援機関に認定
2014年
経営コンサルティング部を開設
事業拡大のため、姫路オフィス(現住所)を移転
2016年
グループ内に社会保険労務士法人を設立
2017年
事業承継支援部を開設

担当者プロフィール

2003年
公認会計士2次試験合格
2004年
監査法人 トーマツ(東京都港区)に入所
2007年
アクセンチュア株式会社(東京都港区)に入社
公認会計士登録
2010年
株式会社 企業再生支援機構(東京都千代田区)に入社
2014年
廣岡会計事務所(兵庫県姫路市)に参画
2017年
明星監査法人(東京都新宿区)に参画
※医療法人の監事就任経験あり

廣岡会計事務所の廣岡 隆成さんにインタビューを行いました。随時お伝えいたします。

  • これからのクリニック経営を、どのように考えられますか?
    ①役割の明確化
    高齢社会において地域包括ケアシステムのなかで、医院の役割を明確にし、高齢者向けサービスの戦略的展開が重要になると考えております。

    ②収益性の維持・改善
    今後も医療費増加抑制の方向性は変わらず、今後の診療報酬改定で大きなプラスに転じることは考えにくく、人員不足による人件費の増加の影響も重なり収益を圧迫することが予想されます。

    ③事業承継
    医院は家業的経営形態をとるケースもあり、事業承継の方法(事業譲渡、M&Aなど)や、その進め方について、計画的に実行していく必要があります。
  • 開業されているドクターに対して、具体的にどのようなサービスを行っていますか?
    ①月次サービス
    通常の会計・税務業務はもちろんですが、医院のKPI(患者数、患者単価、レセ単価等)を基に、時系列比較や全国平均比較を行い診療方針と数値がリンクしているかの確認及び、院長先生と一緒に今後の打ち手を考えます。なお、開業されて間もない医院からグループ全体で売上50億円超の医療法人まで数十件ほどお手伝い頂いております。

    ②事業承継
    院長先生のライフプランをお聞きしたうえで、最適な事業承継が行われるよう、都度シミュレーションを行いながら、確実に実行していくためのペースメーカーの役割を担います。
  • これから開業を考えられているドクターへのアドバイスをお願いします。
    経営者として

    開業されると、勤務医時代のドクターとしての役割の他に経営者としての役割がプラスされます。
    医院の診療方針、ヒトの採用・教育、資金繰り…経営者として考えるべきことは様々です。
    経営者としての役割をしっかりサポートしてくれるパートナー(相談者)を見つけることができれば、ドクターとしての役割に集中することができ、医院はより良い方向へと進んでいくと思っております。
    パートナー選びは妥協せず、たくさんの方とお会いされることをオススメいたします。
  • 最も印象的な問題解決の事例を1つ具体的に挙げてください
    ありがたいお言葉

    理想とする医院のイメージは頭の中にあるけれど、何からはじめれば良いのか…
    このような悩みをお持ちの先生に対し、

    ①ヒアリング
    ②計画策定
    ③アクションプラン作成
    ④月次モニタリング

    のサポートを行っております。

    その結果、

    ①現状の問題点把握
    ②具体的な目標の決定
    ③やるべきことの明確化、優先順位付け
    ④アクションプランの成否と経営数値の関連性の確認

    ができるようになり、「日々、医院が成長しているように感じる」と嬉しいお言葉をいただきました。