m3QOL君m3.com QOL君 メルマガ

m3コンシェルジュ 松尾 貴博

リスクマネジメント・ラボラトリー

松尾 貴博

皆さま、こんにちは。 m3コンシェルジュ、リスクマネジメント・ラボラトリーの松尾です。

開業をお考えの先生はおおむね開業候補地をイメージしていらっしゃることが多いです。 先生の勤務先の病院に近い、土地勘がある、学生時代からの地元であるなど、さまざまな基準で開業候補地を漠然と決めていらっしゃいます。

医療モールをご希望の先生でしたら、医療モールの新規建設予定を開業支援業者に相談して情報収集されますし、戸建てのクリニックをご希望でしたら、地主とのつながりの深いハウスメーカーと連携されています。

ただ、開業のイメージばかりが先行している中で物件を紹介されたとしても、競合クリニックや人口動態など分からないまま物件を見に行かれても、決め手に欠けるのではないでしょうか?

それでは、先生が納得のいく物件選びのためには、何が必要なのでしょうか。

今回の執筆は、「診療圏調査と物件選び」について、全国で薬局315店舗を展開するアイセイ薬局 クリニック開業支援本部の伊藤 雅彦氏にお願いしました。

それでは、どうぞ。

納得いく「物件選び」のための事前準備
ドクター目線の診療圏調査とは!

納得いく「物件選び」のための事前準備

ドクター目線の診療圏調査とは!

■ 開業候補地の絞り込みをどうするか?

クリニック開業の構想を練る中で、肝心な開業物件が決まらずに悩んでいらっしゃる先生は少なくありません。 自宅や実家、勤務先の周辺など地縁のあるエリアを中心に、「雰囲気が良いあの街での開業」など、夢は膨らむばかり。

判断材料のひとつでもある「診療圏調査」は開業支援業者に依頼をすれば対応してくれますが、どこを調査したいのかまで絞り切れていない段階では気が引けてしまうのも事実です。 そこで頼りになるのが、WEB上で簡易的な診療圏調査が可能なツールの活用です。

 

■ 開業候補地を絞り込む際にハズしてはいけないポイント

「どこで開業するのか」を具体的に検討する前に、「どのような医療を提供するのか」を固めることが大切です。 提供する医療の範囲を決めて、どのような患者層をターゲットにするのか具体的にイメージすることで、先生ご自身の開業地に相応しい場所や立地条件が浮き彫りになってきます。

極端な比較ですが、消化器内科のオペをメインにするのと、地域の小児を対象にするのとでは、大きく異なってきます。

おおよその立地条件が見えてきたら、気になるエリアや沿線・駅など、絞り込みを意識せずにリストアップしていきます。 それら候補地の周辺人口や男女別、年齢層別の人口、競合となる同じ標榜科のクリニックなど、情報を取得して比較することでエビデンスに基づいた各エリアの特性が把握できます。

そして、各候補地が診療コンセプトにマッチしているかのチェックを行い、絞り込みをかけていきます。 とは言うものの、これらのデータを自ら収集するのは並大抵のことではありません。 そこでご活用いただきたいのが、郵便番号や診療科目など最低限の設定をすることで、自宅でも外出先でも、24時間、何度でも収集できる便利なツール「WEB診療圏調査」です。

 

■ ドクター目線の「WEB診療圏調査」とは

開業候補地の精査に診療圏調査は欠かせないものですが、診療圏調査を日々の診療でご多忙な先生ご自身でされるというのは時間的な面で相当厳しく、特に数多の候補地からの絞り込みを行う段階では現実的ではありません。

一方、診療圏調査を請け負う業者側としては、それなりのレポート作成をするためには現地調査に赴き、住民動線や分断要因をチェックし、競合医療機関の最新情報を調べてのことになるので、やはりお会いしてご説明したい…、つまり「面談要求」をしてしまいがちです。

ここに先生と開業支援業者との間で意識のズレがあります。

「WEB診療圏調査」は、その候補地の地域特性や医療ポテンシャルを簡易的に把握するためのものですが、先生ご自身の操作で「いつでも、どこでも、何度でも」必要なデータを取得したいというご要望に応えたツールとなっています。

WEB検索で見つかりますので、ぜひチェックしてみてください。

 

■ 「WEB診療圏調査」の機能

WEB診療圏調査 検索画面

操作は開業候補地の郵便番号や診療科目など最低限の項目をセットして、ボタンを押すだけ (アイセイ薬局提供)

WEB診療圏調査 検索結果

メッシュでの人口分布を可視化表示(アイセイ薬局提供)

m3コンシェルジュ 松尾 貴博

いかがでしたでしょうか?

ひとえに診療圏調査と言っても、地図だけでは伝わらない地域の生活環境が重要な判断要素になります。 先生ご自身も物件をご覧になる前に、WEBで地域特性を知っておかれた方が開業物件選びの判断基準が明確になると思います。

⇒ ご質問・ご相談はこちら