m3QOL君m3.com QOL君 メルマガ

コンシェルジュ 宮地 孝郎

リスクマネジメント・ラボラトリー

宮地-孝郎

皆さま、こんにちは。 m3.com上において、株式会社リスクマネジメント・ラボラトリーのコンシェルジュを務めている宮地孝郎です。 今年のセミナーシリーズのテーマは先生方の「ライフプラン」です。

「ライフプラン」は直訳すると人生設計という意味ですが、一般的には収支・資産の増減など将来に起こるイベントなどに関わる資金計画を示すことが多いようです。 身近なところでは、生命保険の加入を検討する際に、「ライフプラン」についてアドバイスを受けたご経験がある方も少なくないのではないでしょうか。

【必見!Dr専門 IFAと考える
「ドクターズ ライフプラン」シリーズ】 2021

ライフプラン

■ そもそも「ライフプラン」は必要なのか?

「ライフプラン」を作成せずとも豊かに人生を過ごしている先生方も少なくありません。 実際、人口増加・右肩上がりの経済の中、公的年金など社会構造の恩恵を受けている時代では「ライフプラン」の作成は必要なかったかもしれません。

前述の通り「ライフプラン」とは将来に亘って経済的に安心できるような資金計画のことで、この先どのようなリスクと収支予測になっているか、想定外とならないよう確認するためのものです。 加速する少子高齢化、公的年金の不安、人生100年時代、と未来を計画するためのリスク満載の現在はやはり「ライフプラン」を作成し、資金計画を確認しておくことが重要と言えます。

教育資金、住宅資金、老後生活資金、など大きな資金を必要とする様々な経済的なイベントが存在します。 もちろんドクター以外の職業でも同様に考えられる問題もありますが、ドクター特有の問題としてやはり教育資金があげられます。

■ 「ライフプラン」最大のイベント 教育資金

本シリーズの7月1日配信のコラムでも触れた「医師家庭の教育資金」ですが、複数のお子様が私大医学部に進学するケースなどで、手元資金が足りないため「自身が経営する医療法人から貸し付けを受ける」、「金融機関に融資相談をされている」などのケースを散見します。

お子様の進路は全く予想ができないといわれる先生方も多いのですが、周りを見渡していただくと、やはりお子様が医師を目指すケースは他の職業のご家庭より、医師のご家庭の方が多いことはお分かりと思います。 だとすれば、大医学部に入学されるケースも想定して「ライフプラン」を作成しておけばよかったのではないでしょうか。

5月7日配信 【勤務医の先生と開業医の先生の手取り年収の比較検証



7月1日配信 【お子様を医師にするために掛かる教育費用


川﨑医科大学の公式HP (https://m.kawasaki-m.ac.jp/
国際医療福祉大学の公式HP (https://narita.iuhw.ac.jp/)

■ 「ライフプラン」を作成することで、将来の資金計画も見えてきます

ご開業されたからといって必ず経済的に豊かになるとは言えない時代ですが、病院勤務の収入では実現できない「ライフプラン」になっていることもあります。 だからといって開業するのが得策とは限りませんし、ご開業されて経営が順調で、所得税対策も兼ねて、医療法人を設立したのに学費の負担が重く、所得税対策が機能しなくなってしまうこともあります。

また、私が過去経験した事例では住宅取得時期と教育資金の時期が重なり、大変な資金計画になっている先生もいらっしゃいました。 これらの問題は「ライフプラン」を作成していれば計画的に回避できたのかもしれません。

もちろん人生を歩むうえで、すべてが「ライフプラン」の計画通りになるとは考えられませんが、「ライフプラン」を作成することで、将来の経済的リスクの存在とその経済的影響は明確になりますので、ある程度の準備が可能になります。 もちろん時間も必要ですし、想定できる収入の中でどのように準備するのか、どのような金融商品を使えばよいのかなど、様々なことを考えなければなりません。

必見!Dr専門 IFAと考える「ドクターズ ライフプラン」シリーズ 2021』ではこれまでに、

5月には『令和時代の医師・ご家族の人生設計』 として、所得税などとどのように付き合うのか、人生全体での資金効率改善について、
6月には『ドクターの金融商品の選び方』として、生命保険の選び方、iDeCoや資産運用について、と先生方の「ライフプラン」を実現するうえで必要ないくつかの要素を
7月のセミナーでは『「生涯勤務医師」 VS 「開業」 ライフプランはどう違う?』、勤務医の先生方と開業された、開業される、先生方それぞれについて、どのように「ライフプラン」を考えていただく必要があるのかについてお伝えしてきました。

ダイジェスト版動画
https://vimeo.com/showcase/8625848
 パスワード: m3dlp

もちろんお金のことばかりが「ライフプラン」ではありません。 どのような人生を送りたいのか、そのための住宅について、趣味について、またお子様の教育プランについて、はたまた所得税や相続税・贈与税など様々な要素も考えなくてはなりません。

8月22日(日)のセミナーでは『子供の可能性を引き出す! 医師ご家庭の具体的な教育プランを考える』といった内容もご用意しております。

このセミナーシリーズをご覧いただき、少しでも先生方の未来の不安が少なくなっていただければと考えておりますので、ご都合を合わせていただき、ぜひ当セミナーをご視聴ください。

コンシェルジュ 宮地 孝郎

いかがでしたでしょうか?

今後のセミナーは以下の通りです。 過去のセミナーのフルバージョン動画をご用意しておりますので、視聴ご希望の先生は当社までお問い合わせください。

   ⇒ ご質問・ご相談はこちら

必見!Dr専門 IFAと考える「ドクターズ ライフプラン」シリーズ